2016年2月22日月曜日

VMware Fusion上のWindows8.1からWindows10へのアップグレードでVMware SVGA 3D関連で苦労した件

VMware Fusion上のWindows8.1でMicrosoftのサイトからWindows 10のアップグレードバイナリ(GetWindows10-Web_Default_Attr.exe)をダウンロードして実行すると、

VMware SVGA 3D
お使いのディスプレイは、ディスプレイの製造元によってWindows 10との互換性が認められていません。サポートについては、製造元に問い合わせてください。

と出てアップグレードできない。

Windows10にアップグレードするだけでも意外と手間がかかったのでログる。おおよその手順は以下。

  1. MicrosoftのサイトからWindows10のISOをダウンロード
  2. ISOをVMにマウントしてsetupを実行
  3. インストール完了後、VMwareToolsをアンインストールし、再度VMwareToolsをインストール。

今回の参考サイトは以下。

http://www.itbook.info/web/2015/08/vmware-fusion%E4%B8%8A%E3%81%AEwindows8%E3%82%92windows10%E3%81%AB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E5%87%BA%E6%9D%A5%E3%81%AA%E3%81%84%E6%99%82%E3%81%AE%E5%9B%9E.html
http://espa.hida-ch.com/e718406.html
なお、こちらの環境は以下。

OS: MacOS 10.10.5 (Yosemite)
VM: VMware Fusion 8.1.0

ハードはmac mini(Late 2012)でメモリを16GBに変更しているもの。以下がメモリ。


以下からが実行ログとなる。

Windows8.1上で失敗

IEからMicrosoftのサイトに言ってアップグレードバイナリをダウンロード。

ダウンロードした GetWindows10-Web_Default_Attr.exe を実行すると、「VMware SVGA 3Dは互換性がないぜ」とエラー。

Windows10のアップグレード媒体ISOからインストール

参考サイトに書いたとおり、Windows 10のISOをダウンロードする。
Windows 10のJapaneseを選択。
当方、64bitなのでそれをダウンロード。
 4GBぐらいあるのでちょっと待つ。
 ダウンロードしたISOをVM上のWindows8.1にマウントさせる。仮想マシンのCD/DVD(IDE)からディスクまたはディスクイメージを選択でダウンロードしたISOを指定する。その後、CD/DVDを接続を選択。

でこうなるんでsetup.exeを選択。

基本は全てデフォルトで「次へ」でオッケー。

で、こちらもWVware SVGA 3D問題が発生したけど、「確認」を選択してみたところ、

インストールが始まりました。

以下の状態から1時間ぐらいは待っていたと思う。

やっときました。
インストール成功したんだけど、画面が1024x768で狭すぎ。

画面設定変更方法

 参考サイトに書いてあったのだが、VMwareToolsをアンインストールして再度インストールする(VMwareToolsの再インストールだけではうまくいかないと記載してあったので)。

まず、Windows10のコントロールパネルのシステムから「アプリと機能」をクリックしてインストールされているVMware Toolsをアンインストール。

一回、Windows10を再起動してVMwareの仮想マシンメニューから「VMware Toolsのインストール」を選択。

「インストール」を選択。

そうするとWindows10にマウントされるのでsetup64.exeを実行。


インストールが始まるのであとはデフォルト。

これで画面サイズも大きくなり、快適に使えるようになった。