2015年12月13日日曜日

iPhoneを機種変する際にバックアップから復元できなくってハマりまくった件

iPhone5sからiPhone6sに変更したが、バックアップから復元するのにハマった備忘録。最初に要点をまとめておく。
  • できるかぎり新しいのMacOS XのiTunesの最新版を使う。
  • 移行する前には古いiPhoneのiOSはバージョンアップしない。

いつも使っていたiTunesはMacOS X 10.7.5(Lion)のiTunes(12.2.2)で最新版のはずなのに、iPhone5sのバックアップから復元しようとして新しいiPhone6sをUSBにつなげると

iphone”○○のiphone"を使用できません。使用するにはこれより新しいバージョンのiTunesが必要です。

とエラー。MacOS X 10.7.5(Lion)での iTunes(12.2.2) は最新なのにだよ。

ググってみるとMacOS X 10.8.5以上が必要のこと。OS関係あるの?さらにいうとそういうことならメッセージもそう出してよ。>Apple

幸いMacOS X 10.10.5(Yosemite)があったので、iPhone5sをこのOSのiTunes(12.3.2)にバックアップしSIMを入れ替えてiPhone6sを繋げたところ今度は、
 
「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるためバックアップ”○○のiPhone”は
このiPhoneの復元には使用できなません。」で復元できない。

iPhone5s は直前にアップデートしていたのでiOS9.2になっていた。

iPhone6sをバージョンアップしたいのでとりあえず初期設定を進め「新しいiphoneで設定」で初期設定を完了させ、[設定]の[一般]の[情報]からバージョンを見るとiOS9.1だった。梱包して送付するわけだからこうなるの当たり前だよね。なのに復元できないっておかしくない?>Apple

でiOSをバージョンアップするにはWiFiが必要なのだが当方ではmacアドレスでフィルタリングしているので、まずはmacアドレスを見たいが、箱やその中にはまったく書いていない。なのでとりあえずWiFiの設定は無視して初期設定完了後、[設定]の[一般]の[情報]からmacアドレスを確認してルータの設定を変更。
WiFiルータに設定してiPhone6sのWiFiの設定を行い、iOSをバージョンアップしようとしたら今度は、ソフトウェアアップデート確認中にエラーが発生してなんどもやり直し。

しばらく待っていたりしていたら、ダウンロードが開始。きっとサーバ側の問題だろう。>頼むぜApple



iOSのバージョンアップが完了してからUSBで接続しiTunesで見たらところやっと画面が出てきた。

しかし、続けたら以下のメッセージが出る。
[設定]の[iCloud]で「iPhoneを探す」をoffにする。再度続けたらやっと復元完了。

環境が戻ったがApp Storeが英語表記でFeatured(おすすめ)がまったく表示されない現象に悩ませられる。サインアウト・サインインを繰り返したが症状変わらずだっとのでしょうがなくAppleサポートに電話。
  • バックグラウンドのプロセスを全て終了(ホームボタンを2回押して表示された画面を下から上にスワイプすることで終了する) 
  • 再起動(ホームボタンと電源ボタンを同時に押してAppleロゴ出るまで長押し)

で元に戻った。

機種変するだけなのにね。改善してほしいところありすぎ。頼むぜ>Apple