2014年12月26日金曜日

MacOS X Yosemite(10.10.1)起動USBメモリ作成

アップグレードする前にとりあえず作っとこうと思い起動USBメモリを作成した。
MacOS X Yosemiteのインストーラは5.17GBあるので8GBあればよさげ。作成方法は以下のサイトを参照した。
http://c-through.blogto.jp/archives/41437338.html
その前にTimeMachineでバックアップした。内蔵HDDディスクがあったのでそれをUSB外付けディスクとして認識させるためお気に入りのセンチュリーのケースを買ってきてバックアップ。また、USBメモリはUSB2.0の8GBとして以下を用意。


まずはUSBメモリを買ってくると大抵FATになっているのでディスクユーティリティから該当USBメモリのパーティションを選択して「消去タブ」から消去する。


「パーティションタブ」を選択して「パーティションレイアウト」で「1パーティション」を選択し、下の「オプション」ボタンをクリックして「GUIDパーティションテーブル」を選択する。

 
もとの画面に戻り、「名前」は「Untitled」にする。というのは、この名前でマウントされ、後述のコマンドオプション引数で使用するため(ここを違う名前にした場合はこのオプション引数を変更する。ちなみにコマンドを起動するとパーティション名は自動的に「Install OS X Yosemite」となるのでなんでもいいみたい)。 「フォーマット」は「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択。「適用」ボタンをクリックして下記のダイアログで「パーティション」をクリックして作成。


肝心のインストーラはApp Storeを起動して「アップデート」にある以下の画面から「さらに選択」を選択する。

 
左下の選択ボタンが「入手」または「ダウンロード」となっているはずだからクリックするとダウンロードが始まり「ダウンロード中」となる。


ダウンロードが完了すると以下のインストーラが起動するので無視する(終了してもいいはず)。


で、ターミナルから以下のコマンドを起動(--volumeオプションの引数がパーティションに指定した名前が使われる)。

$ sudo /Applications/"Install OS X Yosemite.app"/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/"Install OS X Yosemite.app" --nointeraction
Password:
Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.
$

20分ぐらいでできあがる。ちなみにマウント状況は以下のとおり。

$ df -k
Filesystem                        1024-blocks      Used Available Capacity iused     ifree %iused  Mounted on
/dev/disk0s2                        818696416  33322932 785117484     5% 8394731 196279371    4%   /
....
/dev/disk1s2                          7238392   5099264   2139128    71% 1274814    534782   70%   /Volumes/Install OS X Yosemite
$ 

作成後、ディスクユーティリティで見ると以下のようになっている。


これで再起動する。起動開始時に「option」キーを押し続けると起動メディアを選択できる画面になるので作成したUSBメモリが表示できればOK。

※ところで、USBは2.0でないと起動メディアとして認識してくれないのか?最初に3.0でやってみたのだが何度やってもまったく認識してくれなかった。(ディスクとしてはちゃんとマウントして作成できるんだけど)。

2014年12月20日土曜日

MS-Excelで実行時エラー'438'が出てマクロが起動できない件

2014/12/10以降のwindows updateを実行すると、execel2010で動いていたものが、

実行時エラー '438' オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。
のダイアログが出てマクロが無効になるようだ。

当方の環境は、office2010 on windows8.1。

回避策は以下のリンクの「解決方法1」で無事回避。

http://freelance.kantan-aoiro.net/faq/faq13.html (使用していたexcelマクロのサポートサイト)
http://support2.microsoft.com/kb/3025036/ja (MS本家)
以下の経理ソフトウェアが動かなくなったのだが上記のサポートサイトで回避策も提示していたのでホント助かった(確定申告準備直前で動かない=今年のもの全部やり直し、は非常に辛いので助かった)。


2014年10月11日土曜日

再度Windows7ProをMacBookProにインストール

こちらの記事「MacBookPro MacOSXの動作が突然遅くなった件」のとおりディスクが壊れてしまったようなのでディスクを交換してMacOSXを再度インストールしてからもう一度Windows7Professionalをインストールした。

以前の記事「MacBookProにWindows7Professional 64bitをインストールしてみた」で作ったインストールメディアが残っていたのでそれを使うことですんなりインストールが完了する。

インストールメディアは当然前回と同じでiBUFFALO カードリーダー/ライター ブラック Black 黒 2倍速 USB2.0バスパワーモデル BSCR12U2BK【Amazon.co.jp限定】TOSHIBA SDHCメモリカード Class10 16GB SD-BX16GWF [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] を使用。


これをMacBookProに接続しておき(接続しないとUSBメディアつなげておけと怒られる)、BootCampアシスタントを起動する。

1. 「 はじめに」では「続ける」を選択。
2. 次の「作業を選択」では最後の「Windows7またはそれ以降のバージョンをインストール」だけを選択することでインストールメディアの作成はしなくてもよくなるようだ。

3. パーティションの領域をドラッグして変更。20GBから160GBぐらいに変更。



4. パーティションを作成し終わると突然グレイ画面になる。びっくりしたが再起動しWindows7のインストール画面が表示される。

5. ここからは「MacBookProにWindows7Professional 64bitをインストールしてみた」の「2. windows7をインストール」からと同じ。インストール自体は30分から1時間と書いてあるが実際には15分ぐらいで終わった。今回は、再起動する際にエラーが出たけど無視したら再起動してくれた。

インストール後のWindows Updateが溜まりに溜まっているので2時間程度かかったが、インストールメディアが残っていたおかげでさっくりと終わった感がある。インストールメディアはやっぱ残しておくべきか。

2014年8月14日木曜日

MacBookPro MacOSXの動作が突然遅くなった件

いままでやったことのまとめ。

MacOS X Mavericks(10.9)が突然遅くなった。現象としては、
  1. メニューやウインドウなどを切り替えると虹色風車(SBOD(Spinning Beachball of Death)というらしい。レインボーカーソルが回りだし、何も操作を受け付けないフリーズした状態)となり数分待たされる。
  2. アクティビティモニタやtopコマンドで見ていても特に重いプロセスがいる訳でない。
  3. 起動後のデスクトップ表示、シャットダウン時のダイアログ表示、シャットダウン自体などすべて数分待たされる。
  4. この症状の前は普通に使えていた。

いちいち待たされるので何もできない。ログを見ても
[IMKInputSession activate] exception caught.
    IMKInputSession: <IMKInputSession: XXXXXXXX> --
    NSPortTimeoutException : connection timeout: did not receive reply
みたいなエラーぐらいしか出ていない。
検索すると、
 https://discussions.apple.com/message/15492156
 があったので、
  1. ディスクユーティリティーでアクセス権を修復
  2. ~/Library/Cachesを削除(sudo rm -fr ~/Library/Caches)
  3. PRAMをリセット(電源ボタン押下後OPTION+COMMAND+P+Rを同時に押し、2回起動音を聞いたあと離す)
をしてみたが、PRAMリセット後、最初立ち上がらず、強制終了後再度ブートしなんとか起動した(さんざん待たされるが)。

しょうがないのでRecoveryHDから再インストールを選択したが、インストールに8時間ぐらいかかった挙げ句、症状かわらず。

インストールも時間かかりまくりで症状かわんないということでおそらくHDDなのではないかという結論に。検索すると以下のサイトも見つけた。
 http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html

BootCampでWindows7をインストールしているのだがそちらは動作が遅いってことではないのだけれど壊れているところが違っているということか。とにかく早めにバックアップとって交換してみる必要がありそう。

途中で参考にしたサイト(関係なかったと思われるが勉強になった)
http://yonchu.hatenablog.com/entry/20121001/1349074802
http://d.hatena.ne.jp/kazuhooku/20130207/1360226719
http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-133.html

2014年7月27日日曜日

冷たいパスタ2種作ってみた

本日のお昼。実験的なもの。
きゅうりヨーグルトソース。

  • きゅうり2/3本をすりおろす。
  • ニンニクをちょっとだけすりおろす。
  • ヨーグルトは大さじ4ぐらい。
  • 塩適宜。
  • 昆布だし少々。
  • オリーブオイル適宜と上記を混ぜ合わせてきゅうりヨーグルトソースをつくる。
  • パスタは表示どおりに茹でて水洗いしソースに絡める。ちょいチーズかけた。

なんか足りねー。やっぱコンソメとかにするべきか。改善の余地あり。

で、夕飯は定番のトマトソース。

  • きゅうり1本。叩いて切り、塩をふって10分ほど置いたあと絞る。
  • トマトはきって塩をふる。
  • ニンニクをちょっとだけするおろす。
  • 青唐辛子があったので種をとって細かく切る。
  • シソもあったので千切り。本当であればパセリとかのほうがいいはず。
  • 塩適宜、オリーブオイル適宜と上記を混ぜ合わせる。
  • パスタを表示どおりに茹で水で洗い水気を絞って混ぜ合わせる。
 以前は冷たいスパゲッティが好きでよく作っていたが最近はそんなに好きではなくなった(というより熱いほうが絶対おいしいと思っている)。今日は熱かったので以前からやってみたかった実験も含め冷たいのを作ってみた。

冷たいパスタはカペリーニがいいんだろうけれど、大好きな太めのスパゲッティ「モンスーロ スパゲッティ 1.7mm 500g 」。トマトソースに絡めると最高なんだよね。冷たくしてもモチモチしていておいしかった。

2014年3月28日金曜日

MacBookProにWindows7Professional 64bitをインストールしてみた

この前、メモリ、ディスクを交換したMacBookPro 13inchにbootcampでWindows7 Professional 64bitをインストールしてみた。Windows7はamazonから買ったが、amazon内のコメントをみるとなんだか実はいろんなものがあって怪しげなものが多いようだ。わたしはたまたま、amazon.com出店のMicrosoft Windows7 Professional 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD 【USB拡張ボードセット】 を購入。


まずはインストールメディアを用意しbootcampアシスタントを起動する。インストールメディアはネットでは8GB以上のUSBメモリを用意するのが多いが、今回はたまたまうちにあったiBUFFALO カードリーダー/ライター ブラック Black 黒 2倍速 USB2.0バスパワーモデル BSCR12U2BK【Amazon.co.jp限定】TOSHIBA SDHCメモリカード Class10 16GB SD-BX16GWF [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] を使用。

1. bootcampアシスタントでインストールメディアとパーティション設定

MacOSXのbootcampアシスタントを起動する。

続けるよ当然

インストールディスクを作成、Windows用サポートソフトウェアをダウンロード、Windows7以降をインストールなので全部選択。

ISOイメージが必要
 ISOイメージが必要なのでWindows7のDVDを入れてディスクユーティリティを起動する。
 左ペインでDVDを選択して「新規イメージ」を選択。

リッピング後、拡張子がcdrなのでisoに変更する。

警告が表示されるので".iso"を使用を選択。

ISOイメージが完成。

bootcampアシスタントに戻り、できたISOイメージを選択する。

USB接続機器の中身がなくなりますよってことで続ける。

USB接続機器をフォーマット中

その後、Windowsサポートソフトウェアをダウンロード。これが長くてストール?と思ってたが、後述のアクティビティモニタで確認していた。

Windows用のパーティションを作成します。

境界線をドラッグすることで変更できる。今回はWindows7に160GBを割り当てる(ドラッグなのでちょうどにできないのがちょっと難点)。

パーティション作成中。

Windowsサポートソフトウェアのダウンロードが固まっていないかアクティビティモニタのネットワークを確認。最終的に888MBにもなってた。

2. windows7をインストール

USB媒体ができあがったら再起動してインストール開始。ところがWindows7のDVDをいれっぱなしにしていたのでそちらから起動してしまった感じ。せっかくダウンロードしたサポートソフトウェアとかインストールできないの?とちょっと不安に。
Windowsをロードしているぞ。

おぉ、開始したぞ。

日本語、日本語キーボード(106/109)を選択。

Windows7 Professionalを選択。

同意する。

bootcampのパーティションにインストールしたいが「次へ」を選択できないので「ドライブオプション」を選択する。

フォーマットを選択。

フォーマットするからなくなるよってことでOKする。

フォーマット後、「次へ」を選択できた。

無事インストール開始。30分から1時間ぐらいだったかな?

ユーザ名を入力。コンピュータ名はユーザ名をもとに自動で入力される。

パスワードを入力。なしにもできるみたい。

今回は真ん中を選択。

東京!

やっとデスクトップが表示されそう。

心配していたWindowsサポートソフトウェアがちゃんと起動してくれたみたい。ラッキー。

同意する。

bootcampソフトウェアのインストールが完了。

再起動しますので「はい」を選択。

なんだこれは?そのままほっとく。

無事デスクトップ画面が表示された。

今回使用したUSBカードリーダとSDHCカード(16GB)。

再度説明。USB媒体には、 iBUFFALO カードリーダー/ライター ブラック Black 黒 2倍速 USB2.0バスパワーモデル BSCR12U2BK【Amazon.co.jp限定】TOSHIBA SDHCメモリカード Class10 16GB SD-BX16GWF [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] を使用しました。