2013年1月29日火曜日

mac mini (late 2012)でvmwareでのwindows8の設定

mac mini(late 2012)にvmware fusionをインストールし、その後windows8を入れたメモ。

用意するもの

  1. windows8のDSP版。今回はwindows8 Pro x64のものを用意。
  2. DVDがついているMac。このマシンにてディスクユーティリティからisoを作成する必要がある。くわしくはこちらのサイトを参照のこと。windowsマシン+フリーソフト(DVD Decrypterとか)でも可能だろう。
  3. mac miniにisoイメージを転送しておく。今回はファイル共有を使ったが2時間もかかってしまったので、8GBのUSBメモリを用意しておくのがベストかもしれない。

作業の流れ

1. vmware fusisonを起動して「新規」から「新規仮想マシンの作成」を行う。ここで「ディスクを使用せずに続行」を選択する。


2. インストールメディアを選択。用意したisoイメージを選択する。


3. OS、バージョンを確認する。デフォルトで選択してくれていたはず。


4. アカウント名、プロダクトキーを入力。一番下の選択ボックスが「Windowsのバージョンを選択してください」となっているので該当の種別(今回はWindows 8 Pro)を選択。


5. 「よりシームレス」を選択。


6. 内容を確認して「終了」を選択。


7. インストールは10分程度で終わってしまう。これがその後の初期画面。


8. windows8を表示しているウィンドウのメニューにある設定ボタンを選択。


9. プロセッサとメモリを選択するとメモリサイズを変更できるデフォルトは2GBだったので4GB(4096MB)に変更。

2013年1月28日月曜日

mac mini(late 2012)のメモリ増設

メモリ交換

mini(late 2012)のメモリを4GBからMAXの16GBに増設した。16GBにするには8GBx2のメモリが必要で、アマゾンからシリコンパワーという名前の204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組(ノート用) を購入した。

  1. メモリがamazonから到着。204PIN DDR3-1600 8GB×2枚組(ノート用)
    DSCF0273
  2. mac miniを裏返す。
    DSCF0274
  3. 上部にある黒丸から白丸になるように黒いふたを左に回す。
    DSCF0275
  4. ふたをはずすと右側にメモリが見える。
    DSCF0276
  5. メモリが2枚さしてある。1段目のメモリ両脇の金具の位置を覚えておくこと。メモリがちゃんとささっているかの確認になるから。
    DSCF0277
  6. メモリ両脇の金具をはずすとメモリ基板が斜めに出てくるのでそっと引き出す。
    DSCF0278
  7. 2段目のメモリ。こちらも両脇の金具の位置を覚えておく。
    DSCF0279
  8. 2段目のメモリも両脇の金具をはずすとメモリ基板が斜めに出てくるのでそっと引き出す。
    DSCF0280
  9. 購入したメモリを2段目にそっと力を加えて差し込む。斜めになっているので両脇の金具を広げつつめ森基板を水平にする。金具の位置を確認。
    DSCF0281
  10. 1段目も同様に。金具の位置を確認。
    DSCF0284
  11. よく見たらメモリの脇にはずし方書いてあるんですね。
    DSCF0285
  12. ふたを閉じ、もとの位置に戻し(白丸から黒丸になるように右に回し)、再びコード類をつなげて起動し「このMacについて」からメモリが16GBになっているかを確認する(ここでも16GBであることが確認できるし、さらに「詳しい情報」から「メモリ」を選択すると下の画像のようになる)。
    mac miniメモリ
その後、PRAM/NVRAMのリセット、SMCのリセットを行うとのこと。
なお、メモリ交換を含め、こちらのサイトが詳しい。>ありがとうございます、サイト管理者の方。

リセット

PRAM/NVRAMのリセット

本家AppleのサイトにあったNVRAMとPRAMについてを参考にリセット作業を行った。
  1. Macの電源を切る。
  2. 電源を付けてすぐに「Command」+「Option」+「P」+「R」キーを同時に押し続ける。
  3. 2度目の起動音が聞こえたらキーを放す。
押しすぎたら3度目の起動音が聞こえてきてしまい初期起動画面になってしまったので、言語を選んだらアップルメニューからシステム終了を選択後無事起動した。

SMCのリセット

こちらも本家AppleのサイトにあったIntel-based Macs:SMC(システム管理コントローラ)のリセットを参考にリセット作業を行った。
  1. Macの電源を切る。
  2. 電源コードを抜き、15秒以上待つ。
  3. 電源コードを接続し、5秒以上待ってから起動する。
これでリセットされているかどうかはどうやって判断するんだろう?

2013年1月24日木曜日

mac mini (late 2012)の設定

mac mini(late 2012)を購入したので、その初期設定のフローを記載する。

  1. 電源ON後の画面。
    DSCF0252
  2. インストールは日本語で。
    DSCF0253
  3. 国はもち日本。
    DSCF0254
  4. 日本語入力はローマ字入力のFEPはことえり。
    DSCF0255
  5. 転送したいものがないので転送しない。
    DSCF0256
  6. 位置情報は「無効」にするためチェックをはずす。
    DSCF0257
  7. 位置情報について再度確認される。
    DSCF0258
  8. Apple IDを入力。
    DSCF0259
  9. Apple IDに生年月日が必要になったのかな。生年月日を聞かれたので入力。
    DSCF0260
  10. 利用規約を読んで同意する。
    DSCF0261
  11. プライバシーポリシーにも同意する。
    DSCF0262
  12. iCloudの設定をする。
    DSCF0263
  13. 同期される内容を確認。
    DSCF0264
  14. iCloudでマックを探す。ただやっぱり探したくなかったのでこのあとの画面でキャンセルした。
    DSCF0265
  15. アカウント名、パスワードを入力。
    DSCF0266
  16. パスワードに関するチェックをはずすとパスワードに関するヒントを入力する必要がある。とにかく忘れるな。
    DSCF0267
  17. 時間はもち東京-日本(JST)です。
    DSCF0269
  18. このmac miniをApple IDに紐つけておく。
    DSCF0270
  19. やっと初期設定終了。
    DSCF0271
  20. 初期設定終了後、一番最初のデスクトップ。
    DSCF0272